プラドアブログ

プラド×アウトドア プラドとアウトドアの魅力を発信していきます。

できるだけ安くキャンプを始めたい!買ってよかった格安キャンプ道具について

f:id:pradoor:20200924001523j:image

アウトドア用品って意外と高いですよね!

私も最初にキャンプを始めるときは、あまりの高さに諦めようかと思いました。

コップに2千円!!!!

椅子に5千円!!

あまりの高さに笑ってしまいました。

 

当然ブランド料やアウトドアでの使い勝手(軽さなど)もあり、高いものは高いなりに満足のいく仕上がりになっています。

 

私も今では、毎週キャンプに行くほどの上級者なので、例えばスノーピークのマグカップが2千円するからといって、高いという感覚はなくなってきました(笑)

 

スノーピークにはスノーピークの良さや満足感・使い勝手があり、明らかに質感が違います。

良い物は大事にすれば、一生使えるほどのスペックを兼ね備えていると思います。

 

しかし、私も全てが全てアウトドアブランドではありません。

当然、格安の百均やホームセンターの物も未だに使用しています。

 

今回は、私が初めてキャンプをした際に、集めたキャンプ道具を紹介します。

・これから、キャンプを始めたいけど、予算が少ない方。

・ブランドの物はいらないからできるだけ安いものを探している方。

の参考になればと思います。

 

また、安いものを購入したが、実際使ってみて、いまいちだった物も正直に書いていますので、参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

1.アウトドアチェア

キャンプに必需品の椅子ですが、最初は楽天・Amazonで購入しました。

お値段も格安で、なんと二つでこの値段。

良い点は、格安かつコンパクトで軽量。

普通に座れればいい人や、コスパ重視の方には何の問題もありません。

ただ、デザインは正直微妙なのと、耐久性がいまいちです。

脚の先がなくなりました。

また、椅子の幅も狭く、少し窮屈に感じました。

 

今は、ロゴスとハイランダーという椅子を使っております。

ロゴスは、コスパ抜群で、横幅も広く、ハンモックのような座り心地。

欠点は、重たい。

ハイランダーは、コスパも良く、軽くデザイン重視で購入。

欠点は、コンパクト性が悪い。

 

 

2.食器類

今使っているほとんどが、ダイソーやセリアで揃えました。

器はもちろんのこと、箸、マグカップ(今はスノーピーク)、トングもです。

 

材質はステンレス製のものをおすすめします。

汚れの落ちやすさが全然違います。

プラスティックのものだと、油ものがこびりついてかなり落ちにくく、ぬめりが全く取れません。キャンプ中は、何度も食器を洗いに行くことも多いので、汚れが簡単に落ちるステンレス製をおすすめします。

 

食器に関しては、現状、ダイソーのもので十分と感じています。

余裕があれば、ユニフレームやスノーピークのシェラカップにも手を出したいところ。

 

 

3.まな板・包丁

これはIKEAで購入しました。

格安と聞かれると微妙なところですが、木のまな板が欲しかったのと、切れ味の良い包丁が良かったので、IKEAをチョイス。長年使用しておりますが、今のところ何の問題もありません。

 

ダイソーやセリアの包丁やまな板はおすすめしません。

包丁は、切れ味が悪く、料理がかなりしにくいです。

コンパクトなものは特に!

 

木のまな板は、まさに百均クオリティーで、何度も使用していると木が腐ります。

また、木もペラペラなので、簡単に割れてしまいますので、気をつけましょう。 

 

 

4.鍋・フライパン・スキレット

これらも、最初はダイソーの物を購入して使っていました。

何度か使用する分には、何の問題もありませんが、なんせ耐久性が悪いです。

鍋に関しては、取っ手が取れて、料理中に大変な目にあいました(笑)

スキレットも、すぐに錆が発生して、手入れが大変です。

また、大きさも不揃いで、スタッキングもできないので、かなりかさ張ります。

 

今は、スノーピークのクッカーセットを購入し、スタッキングもでき、耐久性もバッチリです。どんな料理にも対応できます。

こればかりは、高いですが、かなり長く使えると思います。

 

これを選んだ最大のポイントは、ステンレス製だということ!

ステンレスは、アルミより熱伝導率は悪いですが、頑丈で、焚火料理にも使用できます。焚火の火を無駄にせず使えるのでまさに万能。

当然ガスでも料理できます。

 

5.ケトル

ドンキのやかんを使用していました。(笑)

耐久性はありますが、焚火で使用すると丸焦げになりました(笑)

当然、家庭用なので、かなり大きくて邪魔です。。。

 

コンパクト性と耐久性、焚火で使用もできる事を考え、スノーピークのNO1ケトルに変えました。

スノーピークのクッカーセットの中にすっぽりと入るので、スタッキング性もバッチリです。

 

 

6.寝袋

特にこだわりはなかったので、楽天とアマゾンで評価のよさそうなものを購入

冬用はこちらを使用。

総じて、この二つでオールシーズン十分快適に過ごせています。

特に冬用の寝袋ってかなり高いので、1万円でこの暖かさは最高です。

-32℃まで対応となっていますが、これくらいの物を買わないと実際は、寒くてとても寝れたものではありません(笑)

寝袋は迷ったら、暖かいものを購入することをおすすめします。

 

 

7.テーブル類

小さいテーブルはコスパ抜群のキャプテンスタッグを使用。

熱いやかんや鍋なども置けるので、かなり便利です。

サイドテーブルとしても優秀。

 

大きいテーブルは、木のテーブルが欲しかったので、ロゴスの物を使用。

コンパクトに折りたためて、木の天板がかなり味が出ています。

他のブランドに比べて、価格も安いので、一つあればかなり万能です。

 

 

8.ペグハンマー

これもダイソーのハンマーを使用していましたが、ヘッドの部分が飛んでいきました(笑)

さすがに、危険を感じたので、スノーピークの物に変えました。

真鍮部分は、交換もできるので、長い間愛用できるのも嬉しいポイントですね。

 

 

その他、コンロやテント・ランタン等などは、こちらにまとめておりますので、是非参考にしてみてください。

 

www.pradoor.com

www.pradoor.com

www.pradoor.com

www.pradoor.com

 

 

 

格安キャンプ道具についてまとめ

ダイソーやセリアなどの百均でも、使えるものはありますが、クオリティーも百均です。

高い物には、高いなりの価値があり、安心して長く使えるメリットがあります。

しかし、いきなり全てをブランド物で揃える必要はありません。

キャンプをしながら、試行錯誤していくのもキャンプの醍醐味ではないでしょうか。

安くても使えるものは使い、使いにくいと思ったら、高くても良いものを買うことをおすすめします。

安物買いの銭失いにならないように、しっかりと商品価値を見極め、何に価値を置くかを考えて購入すると、愛着もわくのではないでしょうか。

特に、キャンプを始めて、かなりハマった方は長く使い続けれるような、キャンプ道具を集めていくと、結果としてコスパも抜群になっていくと思います。

 

良いキャンプライフを!