プラドアブログ

プラド×アウトドア プラドとアウトドアの魅力を発信していきます。

【フォレスター】所有してよかった事、悪かった事 

f:id:pradoor:20200201160709j:plain

千里浜なぎさドライブウェイにて


こんばんは。

 今回なんですけれども、私の愛車でもあり、ブログの名前でもあるランドクルーザープラドを購入するまでの道のりについて語りたいと思います。

今後、プラドの購入を検討されている方の参考にしていただけたらと思います。

 

1.はじめての車はフォレスター

f:id:pradoor:20200201160833j:plain

千里浜なぎさドライブウェイにて

 社会人1年目にスバルフォレスターを購入しました。

 

私の当時の車選びは、価格・維持費が安く、排気量2000くらいで、運転が楽しく5人乗りでデザインもかっこよく、スノボーに行ける4WDでした。

 

よくばりすぎか?

 

その条件をすべて満たしていたのがフォレスターでした。私が購入したのは、SH型のフォレスターXTブラックレザーセレクション。

 

アイサイト搭載の新型が出始めたころでしたので、中古価格は、ローンを組めば何とか乗れる価格帯でした。

中古車屋で、たまたま見つけた、走行距離の少ない車を購入しました。

 

約5年ほど、スノボーに行ったり、旅行に行ったりと7万キロ近く乗りましたが、今思っても、かなり良い車だったと思います。

2020年の今でも、街中でたまに見かけますしね。

好きな方は、本当に愛着がわくと思いました。

 

・圧倒的な動力性能

 たしか230馬力でおそらくSUVのなかではかなり速いほうだったと思います。

加速力はバイクでいうとCB400SFくらいかな。

その辺に走っているなんちゃってスポーツカーよりは、速いと思います。

※当時は結構スピード狂的な一面もあったので、ご容赦ください(笑)

 

正直パワー不足を感じたことはありません。

どんな坂道でも、高速道路でも加速したいときに、即座に車が反応してくれます。

S#モードの加速感は、まさにバイクに近かったと思います。

 

また、四区性能もすばらしく、大雪の日でもスタックすることもなく、楽々安心して、運転することができ、雪道をまた走りたいと思わせてくれました。

 

 

・リアのデザインのカッコよさ

 アメ車のようなシンプルなカッコよさを勝手に感じてました。

現行の型より、リアデザインだけでいえば、かっこいいと思います。

 

・豪華装備!?

正直、スバルの内装はシンプルすぎて、質素でしたが、私の乗っていたグレードは、ブラックレザーとクルコン・シートヒーター完備されてたので快適でした。

ハンドルヒーターもあれば、完璧でした(笑)

 

・大人の余裕を感じさせる車選び

 若い頃は、セダンとかに目がいきがちで、マニアックなスバルという印象が当時は強く、あえてのスバルのSUVがカッコよかった。笑

20代前半で、ここまで落ち着いた車選びをできる方、なかなか少ないのでは!?

 

 

ただ、不満点も多く。。。

 

・ハイオク仕様によるガソリン代の高さ

 中距離走ることが多かったので結構しんどかったです。燃費約10キロほどで、遠くに出かけたいけど、ガソリン代が気になるのが、かなりのネックでした。

 

・4ATによる、スムーズでない駆動

 加速するときに回転数がかなり上がり、引っ張りすぎな印象。

新しいフォレスターを試乗した際の、CVTの滑らかさにびっくりしました。

今購入するなら、絶対、新型買います。

 

・質感の低さ。

 内装やドアの開閉が安っぽく感じました。

この当時の車としては、一般的かもしれませんが、今、所有しているプラドと比べてしまうと、かなり劣っているように感じます。

 

 

2.プラドという選択肢

 

そんなこんなで約5年ほど乗りましたが、車検と10万キロに近づいてきたということもあり、そのまま乗り続けるのか、思い切って乗り換えるのか正直めちゃくちゃ悩みました。

 

10万キロを超えてくると、タイミングベルトやらその他もろもろお金もかかりますし、車検を通して2年後に売却するときに、下取り金額が大幅に下がることが予想されたからです。

 

かといって乗り換えるにしても、20代の私には莫大なお金がいる車の乗り換えは結構思い切った決断が要りました。

 

そんな中、近くのディーラー認定の中古車サイトに、私が狙ってた黒色のディーゼルプラドが300万円台であり、これは運命かと思いすぐに見に行きました。

 

実物を見るとやはら迫力があり、その場ですぐに見積もりを貰いフォレスターの下取り価格も出してもらいました。

 

対応してくれた担当の方は、おそらく40代くらいのやり手営業マンという感じで、ひやかしかと思い適当にあしらわれるかと思いきや、かなり親切に相談に乗っていただきました。

 

もう、この人から買いたいと思ってしまいました。(笑)

 

結構慎重に考える私ですが、2回目に伺った際に契約し、念願のプラドデビューを果たしました。

 

 

3.そんな感じで、思い切ってプラドオーナーに

 

なったのが経緯です。

 

結論!みなさんも、自分が欲しいと思った車を買いましょう。

買わなくて後悔し続ける人生より、買ってできた思い出のほうがはるかに素晴らしいと思います。

 

今は、気に入ってプラドに乗っておりますが、フォレスターも素晴らしい車だったのは、間違いありません。