プラドアブログ

プラド×アウトドア プラドとアウトドアの魅力を発信していきます。

PCXおすすめカスタム3選!!通勤・ツーリングをさらに快適に。

今回は私が通勤で使用している、ホンダPCXのおすすめカスタムを紹介します。

 

カスタムに関しては、完全な通勤通勤仕様にしてます。

いわゆるおっさんカスタム(笑)

 

私は、まだ20代ですが。。。

 

素人にもできるものばかりですので、気になった方は是非参考にしてみてください。

 

 

 

PCXとは!?

f:id:pradoor:20200409215907j:plain

https://www.honda.co.jp/PCX/design/

 

まだ知らない方は、こちらの記事にまとめてますので、是非チェックしてみてください。

 

pradoor.hatenablog.com

 

 

1.GIVI (ジビ) クリア エアロダイナミックススクリーン

f:id:pradoor:20200409223008j:image

 

はい。これは定番中の定番ですね。通勤でPCXを使っている方は、

だいたい着けてますね。

 

PCXの純正のスクリーンは普通にかっこいいのですが、

 

やはり気になるのが 風 問題ですね。

 

風はバイクにとって天敵。同じ距離運転しても、風をもろに浴びると相当疲れます。

 

バイクで高速道路に乗ったことがある方なら、わかると思います。

 

バイク用の服に関しても、風で服がバタバタならないように設計されています。

風を感じて運転は気持ちいいですが、疲労感は拭えません。

 

 

 

そこで、やっぱり必要なのが大型スクリーンですよね。

 

アドレスV125Gに乗っていた時も大型スクリーンを装着していました。

 

f:id:pradoor:20200409223155j:image

おすすめポイントとしては、

 

風がヘルメットにほとんど当たらない事。

 

ノーマルスクリーンだと首あたりから、もろに当たりますが、大型スクリーンだと

ヘルメットの上部を通過する感じ。

軽く伏せれば、ほぼ無風です!!

 

一番つけてよかったと思うのは雨の日です!

 

上半身に雨がほとんど当たりません。

すべて、このスクリーンがガードしてくれます。

装着もドライバーさえあれば、誰でも簡単にできるので、おすすめです。

 

デザインに関しては、ダサいという声もありますが、

私は個人的には気に入っています。

 

 

 

2.大型リアボックス

f:id:pradoor:20200409223055j:image

 

これもほとんどの方がつけているのではないでしょうか。

通勤で使うにはほぼ必須アイテムといっても過言ではありません。

シート下だけでは、ヘルメットしか入れれず、カッパやカバンを入れることができません。

リアボックスといえば、GIVI(ジビ)が有名ですが、いかんせん値段が高い!

なので私は、こちらの最大級に大きいこちら↓を使用しております。

 

ショウエイとHJCのヘルメットが2個ちょうど横に入るくらいの大きさなので、快適そのものです。基本はここに鞄やコートを入れて運転し、着いたら、ヘルメットを入れています。冬には、かさばる防寒着も余裕で入りますので、おすすめです。

 

とはいっても、GIVIのほうがカッコよくて、作りもかなりしっかりしているので、お金に余裕がある方は、GIVIを買えば間違いなしです。

 

 

 

3.SP武川 ローダウンリヤサスペンション  レッド

f:id:pradoor:20200409223120j:image

PCXって意外と足つき悪いですよね?

 

原付にしては、かなりシート幅が広いため、一番後ろに着座した時は足がつんつんになります。(笑)

 

私は、身長165センチとかなり小さめです(泣)

 

足つきが悪いと、どうしても信号待ちで不安定になりやすいです。

 

そんな時は、サスペンションをローダウンしましょう。

 

ノーマルに比べ、約30mmローダウン化が可能!

足つきも一気に改善されました。

 

特に女性でPCXに乗られている方にはおすすめではないでしょうか。

 

足つきがよくなることにより、かなりエンジン停止時の操作がしやすくなります。

 

また、オイルダンパー式の強化スプリングですので、

タンデム走行もバッチリ安定しています。

 

さらには、PCX純正ならではの腰高感

(横から見たときにリアが上がっているように見える)が払拭され、

カッコよさも倍増されます。

 

乗り心地は、正直に言うと純正のほうが良いですね。

 

純正は結構ふわふわした、気持ちいい乗り心地ですが、ローダウンサスは、

純正サスと比べるとどうしても、固くなります。

 

その分、峠とか山道とかの連続するようなカーブではかなり安定感が増します。

 

 

取り付けに関しては、私は素人ですが、

ネットで調べながら取り付けすることができました。

 

工具も持ったことがない方には、難しいかもしれませんが、

これを機に自分でバイクいじることを始めてみても面白いかもしれません。

 

 

 

まとめ

通勤をさらに快適にをコンセプトにおすすめカスタムを3つ紹介しました。

 

どれも、私が実際に実践してよかったと思うものばかりとなっております。

 

私は通勤以外は、車しか乗らないので、見た目はほとんど気にしていません。

 

完全に「通勤仕様」に振り切っています。

 

通勤仕様に振り切っている方は、PCXがさらに快適で通勤が

楽しくなること間違いなしです。

 

是非試してみてくださいね。

 

www.pradoor.com

www.pradoor.com

www.pradoor.com