プラドアブログ

プラド×アウトドア プラドとアウトドアの魅力を発信していきます。

暖冬の冬!2020年3月末のめいほうスキー場の雪質について

f:id:pradoor:20200329235341j:image

2020年3月28日岐阜県にある、めいほうスキー場に行ってきました。

昨年は4月に入っても、スノボーに行っておりましたが、今回はこれで今シーズンラストになります。

 

私の開設している、スノボー専用アカウントのフォロワーも460人を超えましたが、そこではまだまだゲレンデに行っている方も多いようです。

 

岐阜県のめいほうスキー場の雪質は!?

f:id:pradoor:20200329235105j:image

 

 

こんな感じで正直、雪はありますが、ほぼ全面がシャバ雪という状況でした。

前日に雨が降った影響もありそうですね。

 

さらに雪の水分が多いためか、斜面がぼこぼこで、非常に滑りにくかったです。

グラトリを練習しに行きましたが、弾く瞬間に板に雪が乗っかり、思うように滑れず、

 

 

正直、雪質は微妙でした!!

 

 

上手い方たちも、数名いましたが、かなり滑りにくそうにしていました。

やはり、ここまで悪いとイメージしたとおりに滑れないですね。

 

 

一番良かったところは

 

何といってもかなり人が少ない!!

 

10時前くらいに到着しましたが、本当に土日かと疑うほど!

 

駐車場も一番近い所に停めれましたし、チケット売り場もガラガラ。

当然ゲレンデも、数えるほどの人しかおらず、快適でした。

ウイルスの影響もあるとは思います。。。

 

ハイシーズンだと、駐車場はゲレンデから、かなり離れたところ、リフトに乗るのも長蛇の列で、15分くらい待ちますからね。

 

この時期に行くメリットは、人が少ないので、リフトもすぐに乗ることができ、練習も気兼ねなくできます。

 

さらに、私は騒がしい所や人混みが非常に苦手なので、そういったことは無縁でしたので、本当にストレスフリーで終始、気持ちよくスノボーを楽しめました。

 

なので、家族連れや初心者にはおすすめな時期ではないでしょうか。

実際、周りを見てみると初心者の方が多いなという印象でした。

 

また、春スキーはパーカーで滑れて、寒さは皆無。風が気持ちよく滑れます。

普通に滑るだけであれば、楽しいしかないです。

 

岐阜県はそろそろシーズンも終わるみたいで、高鷲スノーパークだけは4月の中旬くらいまで営業しているようです。

もちろん、長野や新潟・東北まで行けば、岐阜よりは雪質がいいと思います。

 

私は、今シーズンはシーズンアウトして、そろそろキャンプに切り替えていきたいと思います。